共催イベント シンポジウム・デバ

【延期】(共催)民衆画の日仏比較―エピナル版画と大津絵を中心として

【報告者】原 聖(青山学院大学)、久野俊彦(東洋大学)、クリストフ・マルケ(フランス国立極東学院院長)、坂内徳明(一橋大学)、三山 陵(日中藝術研究会)、フィリップ・ル・ステュム(県立ブルターニュ博物館館長) 【討論者】久野俊彦、クリストフ・マルケ、坂内徳明、三山 陵 【司会】原 聖

“イベント詳細”

2020-10-31(土) 13:30 - 18:00
会場
日仏会館ホール
東京都渋谷区恵比寿3-9-25 渋谷区, 東京都 150-0013 Japan
日仏会館ホール
定員 40
参加費 無料
問い合わせ 原 聖(青山学院大学)harakysh@gmail.com
参加登録 原 聖(青山学院大学)harakysh@gmail.com
言語 日本語 (部分的に逐次通訳)
主催 科研費「新しい文化史としての民画東西比較研究」研究会
共催 (公財)日仏会館
40

民画・民衆画・民衆版画についてはフランスではエピナル版画が有名ですが、日本だと大津絵や錦絵がよく知られています。本シンポジウムでは、フランスの専門家を招聘して、フランスを中心としたヨーロッパ、日本を中心とした東アジアにおける民画を比較検討します。あわせて、「民衆画の世界」と題する展示会を開催します。



[展示会]「民衆画の世界」
10月30日(金)〜11月4日(水) 10時〜18時(最終日は17時まで)
日仏会館ギャラリー

 

 

 ※新型コロナウィルス感染症(COVID-19)をめぐる昨今の状況に鑑み、中止となる場合もございます。事前に(公財)日仏会館ウェブサイトにて最新の情報をご確認下さい。

 

日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。