39回(2022年度)渋沢・クローデル賞(フランス側)は、審査の結果、以下に決定いたしました。おめでとうございます。

 

 

ダミアン・プラダン(ボルドー・モンテーニュ大学 准教授)
『大規模倭寇の時代―変遷する東シナ海の流通―1350年から1419年を中心に』(博士論文)

 

Damien PELADAN (Maître de conférences, Université Bordeaux Montaigne

« Le temps de la grande piraterie japonaise. Transformation des circulations maritimes en mer de Chine orientale, 1350-1419 » (thèse)

 

 

11月15日(火)にパリのフランス大使公邸にてレセプションが行われます。

 

 

【主催】公益財団法人日仏会館、フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)日仏財団
【協力】日仏会館・フランス国立日本研究所
【協賛】公益財団法人渋沢栄一記念財団、帝京大学、読売新聞社
【後援】在仏日本大使館