共催イベント 講演会・トーク

(共催)食べることと脳:フランス エクス・マルセイユ大学における研究展開

【講師】ルルド・ムーニアン(エクス・マルセイユ大学)

“イベント詳細”

2024-04-25(木) 18:00 - 19:30
会場 501号室・オンライン
定員 501号室 20名、オンライン 100名(先着順)(開場 17時30分)
参加費 無料
問い合わせ 国立環境研究所 前川 fmaekawa[at]nies.go.jp ([at]は@に置き換えてください)
参加登録 [会場参加]国立環境研究所 前川まで fmaekawa[at]nies.go.jp ([at]は@に置き換えてください)
[オンライン参加]詳細は後日日仏生物学会サイトでご確認下さい
言語 フランス語(逐次通訳あり)
主催

日仏生物学会

共催 (公財)日仏会館

食事の摂取は、脳と脂肪組織や腸といった他の臓器との内分泌学的な情報交換を伴った一連の生理的な過程を介して制御されています。この講演では、脳と身体との情報交換について説明し、このコミュニケーションがどのような機能不全に陥ると肥満などの病態につながるのかについて解説します。

 

 

 講師プロフィール

ルルド・ムーニアン博士は神経科学分野および栄養学分野の専門家であり、特に食事と脳の関係について有名国際誌に多数の論文を発表しています(国際英文雑誌46報、書籍分担執筆 4冊)。現在、エクス・マルセイユ大学循環器・栄養研究センター准教授。

 

 

 

【ご来場に際してのお願い】
次の方は来場をご遠慮ください
・37.5℃以上の発熱がある方
・新型コロナウイルス感染症患者の濃厚接触者の方
・咳、呼吸困難、全身倦怠感、 咽頭痛、倦怠感等の症状のある方
※上記と同様の症状がある方は入館をお断りいたしますので、ご了承ください。

 

【館内ご利用時につきまして】
・体調が気になる方や身近に感染者が出た方にはマスクの着用を推奨いたします。
・一定の距離がとれない会話の際にはマスクの着用を推奨いたします。

 

 

日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。