講演会・トーク

一フランス人の見た四国八十八ヶ所霊場―二つの世界の瞑想(日仏文化講演シリーズ第313回)

講師 ミュリエル・ジョリヴェ(上智大学名誉教授)、 尾崎美恵(四国夢中人代表)

“イベント詳細”

2017-10-27(金) 18:30 - 20:30 参加登録
会場
日仏会館ホール
東京都渋谷区恵比寿3-9-25 渋谷区, 東京都 150-0013 Japan
日仏会館ホール
定員 130
参加費 一般 1.000円、学生 500円、日仏会館会員 無料
事前登録
言語 日本語、フランス語(同時通訳あり)
主催 (公財)日仏会館
87

2014年、四国八十八ヶ所霊場は1200年を迎えました。弘法大師と共に大きな曼荼羅の上を歩き続けるお遍路さんの目的は何でしょうか。五日間立つと、いくつかの難所を乗り越えた後、違う世界に入るという気がしてきます。夢中になってやめられなくなるお遍路さんがけして珍しくありません。その依存は「四国病」や「四国ボケ」とも呼ばれています。初心者とベテランの微妙な違いを紹介した後、自己体験を基にお遍路をするうちに人間がどのように変わっていくのか分析いたします。この講演を通じて、皆さんも歩きながらの瞑想はいつの間にか「内観」に変わっていくという貴重な体験を感じ取って頂ければ幸いです。

 

 

 

 

四国夢中人の四国とフランスの文化交流事業

2008年から現在まで実施してきた四国とフランスの文化交流事業(四国遍路・茶の湯・盆栽・俳句等)を紹介します。

 

 

 

 *日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。