講演会・トーク

大統領選から15か月後のエマニュエル・マクロンのフランス

講師 パスカル・ペリノー(パリ政治学院) 

“イベント詳細”

2018-09-19(水) 18:30 - 20:00
会場
日仏会館ホール
東京都渋谷区恵比寿3-9-25 渋谷区, 東京都 150-0013 Japan
日仏会館ホール
定員 130
参加費 無料
事前登録 日仏会館・フランス国立日本研究所ページからお願いいたします
言語 フランス語(同時通訳あり)
主催 (公財)日仏会館、日仏会館・フランス国立日本研究所
協力 パリ政治学院在日同窓会
130

20175月の大統領選でエマニュエル・マクロンが勝利したことで、フランスは驚くべき政治地図の転換を経験した。本講演では、この政治上の転換はフランス社会のどのような変化のあらわれなのか、また現在進行中の穏やかな中道の革命はどのようなものなのかを、振り返って検討する。

 

 

パスカル・ペリノー

1950年生まれ、パリ政治学院教授、長くCEVIPOF(フランス政治研究センター)所長を務めた政治学者。ヨーロッパ政治、第五共和政、フランスの政党と選挙行動、ポピュリズムについて多数の著書がある。フランス国立政治学財団理事、パリ政治学院同窓会会長。「フィガロ」「ルモンド」への寄稿やテレビ出演も多い。日仏会館では199810月の極右国民戦線に関する講演以来たびたび登壇している。9月に東京で開催される朝日地球会議に参加予定。

 

 

 

日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。