講演会・トーク

シンポジウム「ジャポニスム2018:響きあう魂」が遺したもの―その成果と継承 第1部 対談 ジャポニスム2018を振り返り、今後の日仏文化交流を展望する

安藤裕康(独立行政法人国際交流基金理事長)、松浦晃一郎(第8代ユネスコ事務局長、日仏会館名誉理事長)

“イベント詳細”

2019-05-07(火) 18:30 - 20:00
会場
日仏会館ホール
東京都渋谷区恵比寿3-9-25 渋谷区, 東京都 150-0013 Japan
日仏会館ホール
定員 130
参加費 無料
事前登録
言語 日本語
主催 (公財)日仏会館
共催 (独)国際交流基金、ABCの会
122

「ジャポニスム2018:響きあう魂」は、20165月のオランド-安倍両首脳の合意により発表され、日仏友好160周年を記念する史上最大規模の日本文化・芸術の祭典として、20187月から20192月までのほぼ10か月をかけて、パリ市内を中心に20を超える会場で開催されました。日仏会館では、国際交流基金、フランス大使館の協力を得て、2017123日に「ジャポニスム2018:フランスに日本の何をどう伝えるのか」と題する鼎談を企画し、ジャポニスム2018の一般市民への発表を支援しました。

 

この第1部では、主催者である国際交流基金安藤裕康理事長をお迎えし、準備から実現までの多難な道のりを乗り越え、多くの感動の声に接した今、未曾有の祭典を振り返り、そこから見えてくる今後の日仏交流の展望について、当館松浦晃一郎名誉理事長と対談していただきます。

 

対談に続いて、来る6月8日には第2部シンポジウムを予定しています。舞台芸術、展覧会、市民交流の各分野でジャポニスムに関わった専門家の方々をお招きして、ジャポニスム2018は期待されていた目標を達成できたか、日仏文化交流にどんな足跡を遺したか、そしてこれを礎に、今後の日仏文化交流において日仏双方の関係者がさらに何を積み重ねて行くべきかを論議します。ご期待ください。

 

 

 

日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。