協力イベント 講演会・トーク

(協力)満州における神道の軌跡と皇族の系譜―第38回渋沢・クローデル賞(フランス側)受賞記念講演会

【講師】エドゥアール・レリッソン(フランス国立東洋言語文化学院)

“イベント詳細”

2022-12-19(月) 18:00 - 20:00
会場
日仏会館ホール
東京都渋谷区恵比寿3-9-25 渋谷区, 東京都 150-0013 Japan
日仏会館ホール
定員 70
参加費 無料
問い合わせ 日仏会館・フランス国立日本研究所 メール : contact[@mfj.gr.jp を付けてください]
参加登録 日仏会館・フランス国立日本研究所 ※近日参加登録受付開始
言語 フランス語(逐次通訳あり)
主催 日仏会館・フランス国立日本研究所
協賛 (公財)渋沢栄一記念財団、学校法人帝京大学
協力 公財)日仏会館、フランス国立社会科学高等研究院・日仏財団
後援 在日フランス大使館、読売新聞社

満州は、近代の神道が普及した主な地域の一つです。実際、1905年から1945年の間に建てられた神社が300箇所以上あります。この「海外神社」による具体的な空間の占有には、領土拡張の動きの中で神道の役割を正当化する一連の言説があります。本講演会では、松山珵三(1878-1947)、出口王仁三郎(1871-1948)、筧克彦(1872-1961)の3人の事例を取り上げ、宗教建築と言説との密接な関係を明らかにします。課題となるのは、満州という帝国空間の周縁との出会いが、近代の神道の中心人物たちの軌跡にとってどれほど影響があったかを示すことです。

 

 

※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、開催方法を変更する場合があります。最新情報は日仏会館・フランス国立日本研究所ウェブサイトにてご確認ください。

 

 

渋沢・クローデル賞について

 

渋沢・クローデル賞受賞作品一覧

 

【ご来場に際してのお願い】
次の方は来場をご遠慮ください
・37.5℃以上の発熱がある方
・新型コロナウイルス感染症患者の濃厚接触者の方
・咳、呼吸困難、全身倦怠感、 咽頭痛、倦怠感等の症状のある方

 

【ご協力のお願い】
・ご来館時はマスクをご着用ください。
・日仏会館入口、ホール入口にて、非接触での検温、体調等を確認させていただきます。その際、上記と同様の症状がある方は入館をお断りいたしますので、ご了承ください。
・咳エチケットにご協力ください。 

 

 

日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。