講座・セミナー

開始日時
2010-11-04(木) 2010-11-25(木)
会場 501会議室
開始日時
2011-07-10(日) 13:30 17:30
会場 501会議室
開始日時
2012-02-18(土) 14:00 18:00
会場 501会議室
開始日時
2012-07-15(日) 14:00 18:00
会場 501会議室
開始日時
2013-10-19(土) 12:00 14:00
会場 外部会場
開始日時
2014-06-21(土) 15:00 18:00
会場 501会議室

このイベントの参加登録は受付を終了いたしました。

開始日時
2014-07-06(日) 14:00 17:30
会場 501会議室
開始日時
2015-03-02(月) 11:30
会場 レスパス

このイベントの参加登録は受付を終了いたしました。

開始日時
2015-07-05(日) 14:00 17:30
会場 501会議室
開始日時
2016-06-06(月) 11:30 14:00
会場 レスパス

このイベントの参加登録は受付を終了いたしました。

開始日時
2016-07-17(日) 13:30 17:30
会場 501会議室
開始日時
2016-10-20(木) 18:00 19:30
定員 40
会場 501会議室
40

このイベントの参加登録は受付を終了いたしました。

開始日時
2016-11-19(土) 13:30 18:00
定員 120
会場 日仏会館ホール
120

このイベントの参加登録は受付を終了いたしました。

 

 

開始日時
2016-11-25(金) 18:00 20:00
定員 40
会場 501会議室
40

このイベントの参加登録は受付を終了いたしました。

フランスにおける同時多発テロが脅威を与えています。それは多くの移民を受け入れてきたフランスの多文化社会に、そして多様な都市空間に、どう関わってくるのでしょうか。今年の日仏科学講座は、フランス住宅政策、フランス植民地史、日仏建築史、モロッコ都市計画史の専門家により、研究近年避けては通れないテーマとなっているフランスの多文化共生をテーマに多角的に議論します。各発表と討論, そしてそれでも語りつくせぬ時は懇親会の場で, 日仏交流にご関心のある多くの方々との語らいの場となりますよう, 皆様のご来場をお待ちしております。

開始日時
2017-01-21(土) 13:00 16:00
定員 130
会場 日仏会館ホール
130

このイベントの参加登録は受付を終了いたしました。

20世紀のフランスの作家の中から4人をとりあげ、その面白さについて独断と偏見を交えてお話いたします。1 『異邦人』とアルベール・カミュ 2 『嘔吐』とジャン=ポール・サルトル 3 ジャック・プレヴェールの詩とシャンソン 4 ルイ・アラゴンの詩とシャンソン  3と4ではいろんな歌手の歌にも耳を傾けます。

開始日時
2017-02-23(木) 2017-03-16(木)
会場 501会議室
開始日時
2017-02-24(金) 19:00 21:00
定員 30
会場 外部会場
30

満席に達しましたので締め切らせていただきました。

近代はこれまで政治的なものの世俗化の観念と結び付けられてしばしば描かれてきた。ホッブズ流の「政教分離」によって、権力は超越性から完全に切り離され、空虚な場になったというわけだ。本発表が注意を促したいのは、現代の政治哲学はこのような脱神学化の過程にはまったく満足してこなかったことである。ここ何十年かの政治哲学の固有性とは、近代の「脱線」の確認に基づいて、まさに政治的なものと宗教的なものの紐帯を再構成しようとすることであった。

開始日時
2017-03-01(水) 18:00 20:00
定員 19
会場 501会議室
6

サントル=ヴァル・ド・ロワール地方の食文化と料理についてのレクチャー受講後、地方料理を召し上がっていただきます。

開始日時
2017-03-10(金) 11:30 14:00
定員 35
会場 レスパス
35
開始日時
2017-07-09(日) 13:30 17:30
定員 40
会場 501会議室
29
開始日時
2018-01-15(月) 19:00 21:00
定員 30
会場 BNPパリバセミナールーム
30
開始日時
2018-01-27(土) 13:00 17:00
定員 130
会場 日仏会館ホール
109

このイベントの参加登録は受付を終了いたしました。

ミシェル・ド・モンテーニュ(1533-1592)と『エセー』についてお話しします。前半では、城館の写真や『家事日記』も紹介しながら生涯をたどり、次に『エセー』というテクストの成立がはらむ問題にふれます。そして後半では、生きる指針としての『エセー』のエッセンスを味わいたいと思います。

 

 

1回(26日) ミシェル・ド・モンテーニュの生涯:『家事日録』なども読みながら

2回(213日)『エセー』の決定版とは:「ボルドー本」vs 1595年版

3回(220日)「店の奥の部屋」を確保すること:個人主義者モンテーニュ

4回(227日)「自分の存在を正しく享受すること」:モンテーニュの死生観

 

宮下志朗

主要著訳書:『本の都市リヨン』(1989,大佛次郎賞),フランソワ・ラブレー『ガルガンチュア』,『パンタグリュエル』,『第三の書』,『第四の書』,『第五の書』,(20052012,読売文学賞,日仏翻訳文学賞),モンテーニュ『エセー』(2005-2016)他多数.

 

 

画像 ボルドー近郊、モンテーニュの城館

 

 

日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。

 

 

開始日時
2018-02-06(火) 2018-02-27(火)
会場 501会議室

<満席になりましたのでお申込を締め切りました>

 

参加費は事前に銀行振り込みをお願いいたします。会館宛に電話でお申し込みください。詳細は受付後にご案内致します。振込先をお知らせいたしますので期日までに受講料をお振り込みいただき、会館が入金を確認した段階で申込みが完了します。食材準備の都合上、お振り込みいただいた受講料は返金いたしかねますので、ご了承ください。

 

キッシュ、ジャガイモ料理、ミラベルのタルト、マドレーヌ等によって、伝統的なガストロノミーの土地として知られるロレーヌ地方を取り上げ、特徴的な食文化と料理を生み出した地理的、歴史的、社会経済的背景や条件を学び、その後、典型的なフルコース料理を味わいます。また、途中で佐々木シェフによる実演があります。

 

 

プログラム

11:30~ 「レスパス」でレクチャー

12:30~ 「レスパス」にて食事

14:00 終了予定

 

メニュー

前菜:ベーコンと野菜のスープ

魚:虹鱒*のパテ

肉:ロレーヌ風豚肉のビール煮

デザート:ガトー・ショコラ、バニラアイス

コーヒーまたは紅茶

 

*当日の仕入れ状況により、魚の種類が変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

 

画像 キッシュ・ロレーヌとオ・ド・ヴィ

 

 

 

 

日仏会館のイベント等活動は、個人会員・賛助会員の皆様のご支援で成り立っております。

 

 

開始日時
2018-03-02(金) 11:30 14:00
会場 レスパス